ゆらゆらと千鳥足人生

腰痛持ちの親父が、日々思う事や趣味、フィリピン人奥さんとその家族との交流などを綴ります。

由来

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

皆様おつかれさまです。ただいま仕事から帰宅しました。ふぅ、腰を痛めていると結構きついものが
あります。皆様も腰には十分気をつけてください。

さて、由来というお題ですが名前の由来について、お話します。世の中には奇妙キテレツな
名前がたくさんありますが、中でも奇妙な名前が私のHN,popeであります。何故pope
なのか?意味は?等々・・・

とても内容がくだらないのですが、実はpopeというのはこの後にpepoとつづきまして
二つ合わせてpopepepo(ポペペポ)となります。これはうちで飼っている熱帯魚
(淡水産の小さなフグ)に嫁が命名しました。
30cmキューブ水槽に2匹飼っていまして、フィリピン人の嫁が大変かわいがっておりました。

この淡水産のフグ、実は気性が荒く私的には嫁そっくりと思ってましたが、あるとき
犬も食わないやつを激しくやりあった時、言ってはならない事を言ってしまったが為に
「あんたは、ゴハンを食べるだけで何もしない。私は仕事して洗濯プランチャ(フィリピン語で言うところの
アイロンがけ)掃除してるのにーー。あんたはpopeと同じーー。キぃーーーー」

続きを読む

自己紹介 続き

あれ?何でだろう?トップから自己紹介が消えない・・・
なんで?まぁいいやどうでもいいです、気にしない気にしない、って気になりますよねぇ?
どこでどうしてって思うんですが、今飲んでるものですから・・・


あ、そうだ全部嫁のせいにしてやれ、ワッハハハどうだザマをみろ。




すみません、乱れてきたので今日はこの辺で勘弁してください。
続きはまた後日に頭がおかしくないときにカキコしますので、よろしくお願いします。

自己紹介

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

はじめまして!でいいのかな?2月15日スタートしまして早5日、未だカテゴリに記事を
反映出来ないでいるpopeです。今日こそは、と意気込んで書いた自己紹介が

がぁ~ん、消える始末・・・
まぁ気のせい気のせいと、自分を奮い立たせてのROUND2ちーん


やっぱだめでした。         合掌    ちーーーん

ってわけにはいかないのです。
と、いうことでもう一度チャンスをくれ、オトコにしてくれと書きこしております。
よそ様の立派なブログを参考に、いいなぁあんな感じとこれからもいろいろ弄くりまわしながら
進めてまいりますので、どうぞお付き合い下さい。


さてさて、まずは本題の自己紹介ってやつからおっぱじめます。

続きを読む

まいった!

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

いやぁ参りました。昨日書いた記事を確認してみたら、な、なんとカテゴリの方まで
同じ内容になってるではあ~りませんか?
朝からいろいろ弄くりまわして、カテゴリなんつうものを設定してみたり、よそ様の立派な
ブログを拝見させて頂いた中で、真似してみようとした訳です。


百年早かったですわぁ
もうコリャアあかん、なんとかしなければ恥ずかしいなんてもんじゃありませんよ。


そこで今日気持ちを新たに、もう一度チャンスをくれ、オトコにしてくれといろいろ
いじっちゃいます。

読者の皆々様にはご不便をお掛けしますが、初老の初心者のこととご勘弁をお願いします。

なにしろ、世の為人の為にまったくならず、何かお得な情報とかもなくただくだらない話を
見ていただくだけなんですから・・・

読書

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

さて、今日は休みでもあるし久々に本でも読むか、という気になりまして
本棚をごそごそしていたら以前よく読んでいた、浜なつこ氏の著作本が
出て参りました。知る人ぞ知るフィリピーナと日本人(オトコ)の関係を
いろんなケースで紹介分析するノンフィクションライターです。
最近では、旭山動物園12の物語を出版されてるようでkindle版でも
出てますね。

フィリピン好き又はフィリピンに興味がある方や、フィリピンパブにハマッタ人には
ぜひ読んで貰いたい本がいろいろあります。

「死んでもいい」
これはフィリピンとフィリピン人にハマッて日本に帰れなくなった人のお話。
「マニラ行き」
フィリピーナを追いかけてフィリピンに行っちゃう人の話。じゃぱゆきさんをモジッてます。

などなど、知ってる方もいらっしゃるでしょうねぇ。実際フィリピン人と結婚して
何年もしてからまた読み直すと、また違った感覚で楽しめますよ。
最新コメント
プロフィール

pope

若い時からあっちへフラフラこっちへゆらゆら、の人生を送ってまいりました。
安住の地を求めてフィリピンを選んだ
駄目親父です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日のレート
PVランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード