ゆらゆらと千鳥足人生

腰痛持ちの親父が、日々思う事や趣味、フィリピン人奥さんとその家族との交流などを綴ります。

電気4

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

嫁は家電製品全般を信じておりません!

自動で全てやってくれる最近の家電は特に信じてません!

アイツあたまおかしんちゃうやろか?って思うぐらい、信じません!

コンセントも信じません!
炊飯器、ファンヒーター、その他タイマー機能のついたものすべて信じません!

ですから、用が済んだらすべてのプラグを抜いちゃいます!ついでにオレのも・・・・

失礼しました。つい、乱れて・・・



どうやら嫁はフィリピンでのブラウンアウト、つまり停電ですねぇ。これを恐れているようです。



オイ!ここは日本だ、そんなことはないから安心しろ、って言ってもムダです。

いくら言い聞かせてもやっちゃうんですから・・・

その度にタイマーセットしなおしてる、オレの身にもなれよってんだ!

どうせその内「ハニー、ライスクッカー(炊飯器) スィラ(壊れた) ダヨ」





頼むから一回人生リセット しろや!

子供2

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

子供についてです。結婚当初、皆様方と同じように(オマエ見てたんかい?)子作り作業は
当然毎晩のようにしておりました。(”ポ”頬を赤く染めて”ポ”)

サルと違うのは将来を考えることが出来ると言うことです!キッパリ

さて、結婚した頃小生はしがない派遣社員でありました。

もし子供が出来て、将来小学生、中学生となったとき一番ツライのは子供であろうと考え、子供を
あきらめました。もちろん嫁と相談の上です。

嫁は複雑な気持ちだったろうなあ、と思います。

説得するにあたっては、嫁の年齢的なこと(高齢出産のリスク)などを話しました。それと
ワタクシの年齢も・・・・
成人したときのことを踏まえ、夫婦で話し合った結果子供はあきらめました。

母上とお義父さんにはなんと説明したのかはわかりませんが、残念がったのでは?と思います。
続きを読む

ナレソメ裏話3(回顧録)5

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。
さてさてネーちゃんと仲良くなってきたら、次はお決まりの自宅訪問です。
いよいよクライマックスが近づいてまいりました!

さあここから進撃開始です。二日から三日おきぐらいで自宅に遊びに行ってましたねぇ。
(やっぱりあの時、間違いなくアタマやられてたと思います)

最初は遠慮がちだったのが、3,4回目以降はずうずうしくなり、晩御飯まで食べて帰るまでに。
ネーちゃんのご両親はとてもとても喜んでるようで・・・
(あれは娘と日本人を結婚させたくて面倒を見てくれてる様子でしたね。だって顔に書いてありましたもん
かーちゃん良かったなぁ、娘がカモを連れて来てくれた。これで我が家も安泰だ、なんてね)

ところが、ところがですよ皆さん、ネーちゃんの方が時間が経つにつれダンダンと様子が
おかしくなっていったのです。
あまり笑顔を見せなくなってしまい、「どうしたの?」と聞いても首を振るばかり。

ある日一緒に散歩している時、こんなことを言ってきたのです。続きを読む

結婚記念日5

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。
今日は結婚記念日です!

我等バカ夫婦も無事?に11年目を迎えることが出来ました。(奇跡やぁ、信じられへんわぁ)

ここまでに離婚の二文字を何回、カラッポの頭の中に思い浮かべたことでしょう・・・
(相手も)

このバチアタリな中年後期の男はいつかキット、雷に打たれて最期を迎えるかも・・・


まあ結婚記念日といっても特別ナニカするというような事もなく、メシ食って終わりですなぁ。
さびしい?なんで?
へたに何かプレゼントとかしたらクセになります。特別はいらん、いつも通りでよろしい。
変なクセをつけられたらたまりませんからなぁ。え?今までもそうだった?

はいな、アタリ前田のクラッカーでんがな~。


でも一つだけひと~つだけしておきたいことがあるんです。
続きを読む

宴の後5

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

昼から鍋を楽しみ、二人で腹いっぱい胸いっぱいで豚になった夫婦ですぅ。


さてさて、昼は鍋を食べて夜は何にしようかなって食べ終わって間もないのに悩んでる、バカ嫁が

となりでひっくり返っていますぅ。



一回どたまカチ割って、中身を・・・無いのに見てどうする?




ハラがふくれておとなしいのをいい事に、散々書いてしまうのはなぜでしょうか?


IMG_1818



続きを読む
最新コメント
プロフィール

pope

若い時からあっちへフラフラこっちへゆらゆら、の人生を送ってまいりました。
安住の地を求めてフィリピンを選んだ
駄目親父です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日のレート
PVランキング
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索