ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

さてさて大抵のフィリピン料理は食べられる小生ですが、これだけはちょっと・・・
というのがあります。


それはバゴオンです。ハイ、出ましたね  フィリピン料理にかかせない調味料です。

このバゴオン、納豆と違って食べられないフィリピン人はまずいないのではないでしょうか?
日本人の場合、東日本はわりと納豆は大抵の人が食べられますが、西日本へ行くと
ダメという人が多いようです。

それに比べるとほとんどのフィリピン人は普通に食べてますもの。

またルソン北部のイフガオ族なんかは小魚を使ったバゴオンが好まれたりと
多少の地域差もあるようです。

まあ一般的なものは大体はアミえびの塩辛みたいなものですかねえ?



アレがダメなの、ワタクシは・・・

初めてのフィリピン(過去のお題)には書いておりませんが、実は到着した次の日の晩飯を
一緒に行った社長(どケチ)におごって貰った時、「popeさん、コレをつけるとおいしいよ」
とダマサレて、一口食べた瞬間

「な、何ですかあこれは?」と叫んでしまい、それから「バゴオンだよ」と聞くと

こそこそ隠れるようになってしまい・・・トラウマになっちゃいましたあ!

口に入れたときの感じや、味などはもうすでに記憶にございません!

これこれ、これですよ!このビン!これだけは、この御姿だけは記憶から剥がし落とすことが出来なかった!

バゴーン(小エビ塩漬け)- SALTED SHRIMP FRYの写真


たまに嫁がワタクシに対する嫌がらせで、目の前でこれ見よがしに食べることがありますが

「コノ ウラミ ハラサデ オクベキカ」と腹の中では ”魔太郎がくる” 状態になっておるのです!




またいつか、きっといつか、必ずお返しをしてやる~・・・・・・



くらい くらい 人生を送っている アンポンタンにあわれみとおくやみを・・・・              ちーーン