草葉の陰からジッとこっちを見ている鬼嫁にビビるpopeどすえ!

さて、結婚13年目を迎えたアンポンタン&オッペケペーのおバカ夫婦が
3泊4日で記念旅行に行く計画は以前記事にしました。
そしてついにEチケット!つまりボーディングパス(搭乗券)が今日メールで
届きまして、内容のご確認をお願いします!とのこと。

お!来たか!よしよしと、内容を見て後は嫁が帰ってきたらパスポート記載の
名前などをチェックします。
これで完璧!と思ったのですが・・・・・・・

小生の脳裏にチラっと一抹の不安が・・・・それはなぜか?といいますと
ビザの問題!

今現在台湾政府は政府が掲げる「新南向政策」(東南アジア、南アジア、
ニュージーランド、オーストラリアなど18カ国との幅広い関係を強化する政策)
の推進をさらに着実なものにするため、各国からの多くの観光客やビジネス客
を誘致し、双方のより密接な関係を築き各分野での交流や提携が可能に
なるようにするため、査証免除措置がとられています。

で、フィリピンは今年7月31日まで滞在日数14日まではビザ無し渡航が
可能になっています!

そうだ!台湾へ行こう!

何でもっと早く言わんかなあ~台湾!でもこれがなかったら査証申請でかなり
時間がとられていたかも知れません!

今から2週間以上前のこと、心配になった小生あっちこっちに電話しまくり
聞いて回ったのですが、間違いなく査証免除されるとのことで安心してました!

ところが・・・・・・今日Eチケットが届いたことで、再確認の意味を込めて
今一度確認したところ・・・・・・

な、なんと「渡航前に必ず中華民国内政部移民署の専用ウェブサイトで
渡航認証システムによる認証を受けてください。」
あ”ぁ”ぁ”ぁ”~!?

さらに「ウェブサイトから入国許可書をプリントアウトし、空港でのチェックイン
の際に航空会社に提示してください。」

    なん・・・だと・・・?

今更ビザの電子認証システムで認証を受けろ!なんて・・・・

    全ての商品を見るのはこちらから

心配になった小生、またまたあっちこっちに電話しまくり聞いて回りました!

各旅行会社やチャイナエアラインズ、各国のビザ申請を請け負っている会社
など全部で10ヵ所近く!それこそ肩で息をしながら状態で必死に聞いて回り
どこに聞いても最後は・・・

散々人に話をさせておいて・・・お前、それはないだろう!扱いww

だったら最初にそう言え!ボケェ~!
失礼しました!言葉が乱れました・・・

受付時間の最後ぎりぎりに電話がつながり・・・・・
やさしいおねぇいさんによ~く話を聞いて見ると・・・・・・・・・



どうやら小生の大きな勘違いwだったようです。
どういうことか?というと渡航認証システムでの認証を受けるのは
フィリピンではなかった!ということ。

インド・インドネシア・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・ラオスの国籍で
日本の在留カード(居留権)(90日以上の中長期居住者)
或いは永住権を保有している方、が対象だった!ということですww

    バーロー

査証の項目で余計なところまで読み進めた為、このような勘違いをして
しまった!というお粗末ww
その後おねぇさんに持参するものを懇切丁寧に教えて頂きました。
フィリピン人の場合は有効期限6ヶ月以上のパスポート、在留許可証
滞在するホテルの予約書や住所がわかるもの、往復航空券などで大丈夫!
とのこと!

心配していたことが問題ない!とわかったときは全身の力が抜けましたわ・・・

    つかれた

よかった!これで二人で行ける・・・もし渡航認証が必要だったら
間に合わなかったかも・・・・・・




本日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

無駄に疲れることをするおバカなアンポンタンに、お勤めでございます!

なんまんだぶ なんまんだぶ・・・

    — 𝕓𝕠𝕟𝕚𝕥𝕒𝟘𝟚𝟝. *:・゚🌹

合掌!ちーーーーーーン!!