そうだ!三途の川を渡ろう!
ド-バーが渡れるのなら三途もいける!推進委員会のpopeです!

6月上旬の火曜日、朝から棚卸しの最終確認をしていた小生を卑怯なことに
真後ろからリフトに轢かれ、危うく積んでいた荷物の下敷きになりそうにww

    

しゃがんだ格好で物品の数を確認していたところだったのですが、まさか?
でした。
幸い下敷きにはなりませんでしたが、両足の踵を荷物を乗せていたパレットで
無理に押されたものですから、痛いの痛くないの・・・・・

リフトのオペレータは最初大したことがないと思ったのか、軽い口調で
「大丈夫?前を見てたつもりだったけどなぁ」などと他人事のように言い放ち
さすがの小生ブチッ!と何かが頭の中で切れた音が聞こえ、一言
「大丈夫なわけないでしょ!おー痛ええぇぇぇ!」
と、言ってやりましたわ。

    むかつく
しかもこのオオバカ野郎、追い討ちをかけるように
「病院行った方がいいよ。」ときたもんだ!

    何処が悪いのですか?頭ですね #レス画像 #comics #manga

アホか!?

冗談抜きで痛みは引かず、見る見るうちに足の甲の部分が腫れてきまして
こりゃあかん!病院行かなぁ・・・・ところが・・・・・・

時間は昼休み終わった午後1時半過ぎ、何処の病院も休憩に入っており
早いところでも3時に開院するところがほとんどww

作業なんぞやってられないほどでしたので、その場で即休憩を取らせてもらい
痛いのを我慢しながら靴下を脱いで見ると・・・・・

足がパンパン!

しかも踵を擦りむいて片方は血が・・・・
あーやっちまったなぁ・・・・この年で骨折だと時間かかるだろうなぁ
嫁になんと説明しようか?あいつ頭にくると会社に乗り込んできそうだな
などと考えながら一服。

病院かぁ・・・・どうしようか?・・・・

腰痛持ちの小生、当然の如くかかりつけの整形外科医があるのですが
ここの先生、小生と同い年で口が悪いところもそっくり!

これまでは週1回リハビリで通っていたのですが、あるときもっと痩せろ!
と同じくらい腹の出っ張った先生に言われ、面白くないので
「先生とどっちが早く痩せるか?競争ですな」と言ってやったところ
アー言えばジョウユウとほざいたので
「同じデブのあんたに言われとうないわ!」とお返し!

さっとその場が瞬間30℃ほど下がり、他の看護師の痛い視線を浴びながら
退室!
あれからすでに8ヶ月以上通ってません!

そんな病院に行ける筈もなくまた、他の病院を探していたこともあったので
よい機会と思い、休憩中に会社の近くで検索をして見たところちょうど
いい感じのところに見つけまして。

で、現在も通わせてもらってますこの病院、先生は40代と若く無駄な
おしゃべりをせずに的確なことを言ってくれます。
しかも元は市民病院の整形外科部副部長を務めたお方!

レントゲンを撮り診察を受けたところ、骨に異常はなくヒビも入っていない
とのこと!あ~よかったぁ~・・・・・

ただ骨と骨の間のじん帯を痛めてしまっているので、しばらくは湿布と
痛み止めで様子を見ましょう!と言って頂きました。

足を引きずりながら会社に戻り、状況を報告したところなんと驚くべき
言葉が・・・・労災にはしないでくれ・・・・え?なんか言ったか?・・・・

労災にはしないでくれ!

    全ての商品を見るのはこちらから

かかった治療費はこっちが持つから、とのことで何やら複雑な事情がある模様

実はリフトを運転していたのは元上司(定年でお役御免)でしかも無免許ww
この男、田舎者を純粋培養して自己中の粉を全身にまぶしたような
どうしようもないクズ!こんなのが役職付きというのも会社自体がクズ
なのだろう、と容易に想像できるというものです!

ここであーだこーだと騒いでも何も良いことはないのが、世の常!
どうでもいいや!の気持ちであーはいはいわかりました!労災なしで!

    バーロー

痛めた足は、今はほぼ良くなり痛みも無くなりましたが、時々ズズッという
重い感じがします。
腰のリハビリも順調に続けていまして、治療設備は前の病院より少ないですが
施術士さんの丁寧な施術とアドバイスで良い感じですね。
新しい病院についてはまたの機会に記事にしようと思います。

今回はホントえらい目に遭っちゃいましたww


本日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

普段の行いが悪いアンポンタンに、お勤めでございます!

なんまんだぶ なんまんだぶ・・・

    

合掌!ちーーーーーーン!!