フィリピン人妻にイジメられて、涙目になってるpopeです。

昨夜、というよりも深夜過ぎだと思います。

激痛で目が覚めました!それはそれはとてもガマンができるような痛みでは
なかったからです。一瞬ナニが起きたのか?
熟睡してましたからまったくわかりませんでした。

治まりつつある痛みに耐えながら「あ、逝ってまう」と思ったほどでした。

で、何処が痛かったか?これが問題!!








なんとそれは・・・男しか持ち得ない大切な、とっても大切なもの!だったのです。

原因は嫁が寝ぼけて小生のイトゥログbayagとも(あえてタガログ表記)
を蹴ったのが・・・・ちなみに本体はティティと言いますって・・・
                      ↑
                 いらん説明や、ボケ!

その後、嫁はイビキをかきながら すやすや~・・・
こっちは痛みに耐えながら朝を迎えることに・・・

何の恨みがあるんや?
言うこと聞いとるやんか!
・・・・・・・・・・・・・・・・
今日も、最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。
痛みで何もできません・・・・逝き・ま・し・た・・・