ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

頚動脈エコーの結果、左側を通る一部にプラークとやらが見つかりました。まったく勝手に人の体に
出てきやがって、誰の許可を得てるんやボケ!って言ってる場合じゃないんですって。
自分の過去2,30年の所業をかえりみればわかるだろうって、死にそうなお爺ちゃん先生にいわれてしまい
かなりヘコミましたわぁ。

これで、また薬が2,3種増えることになり合計で・・・考えたくない

ここからお爺ちゃん先生の、いや医者の立場でのオドシ文句がいっぱいでてきました。
思わず耳をフサギタクなるようなことを・・・


大好きな焼酎が、いっぷくのタバコが、あ~オレの焼肉ー・・・


「先生、タバコはどうしてもやめないといけない?」
「いや、まぁしょうがないよねぇ。ほれ、ワシだって」っと引き出しを開けると
「なんだ、先生も吸うんですか?」
「まぁ、努力は必要だなぁ」
なんじゃこの医者は?おもろいやんけ。
それじゃぼちぼちいけるなぁっと思っていたら、やりとりを見ていた看護師さんがものすごい形相で
「ちょっと先生、タバコまだお吸いになってたんですか?それとpopeさんも簡単に考えないで下さい」

先生とワタクシはガクぶる状態で、ヒソヒソと

「とりあえず本数を減らそうかねぇ」
「はぁ」と力のない返事をしたのであります。



クスリはまだまだ、増えまっせー!乞うご期待・・・


冗談じゃありません!

嫁に話したら「ヤッパリ ドクターモ イウ デショ。マチガッテ ナイ ヨ。アナタ ショウチュウ モ ヤメナサイ」


本当にジョウダンじゃありません!!