難しいことを考えすぎて知恵熱にうなされるpopeです!

そうだ!フィリピンに行こう!
と思い立ち、なぜか無謀にも一人で行こうとしている、あなた!

そこのアナタ!ですよ!!

たった一人で、しかも初めての地フィリピンへ行こう!と決断されたその勇気を
褒め称えます!

まずはWELCOM TO THE FILIPPINE!

     MABUHAY!
              フィリピンの国旗画像


飛行機を降りたら案内に従い通路を行くとまずは最初の関門
入国審査ですね。ここでパスポート、入出国カード(機内で書かされる奴)
などを提出し、日本で無いことを感じてください。とりあえず笑顔で!

無事通過すれば自分が持ってきた荷物と再会です。ターンテーブルから
めぼしい荷物を取っちゃいましょう!ってダメですよ!泥棒になりますから・・・
自分のだけにして下さいね。

お次に控えますのは、税関!たばこや酒類の持込には一定量を超えると税金が
かけられますので、正直に申告しましょう。
               
             税関の荷物検査のイラスト

え?なに?うそつきの国に来て正直に申告だぁ?上等じゃねえか・・・

という方、お引き取りください!


税関を抜けたら晴れて自由の身、シャバですよ~
で、ここで注意が・・・初めてだからといって、あまりキョロキョロしないように!
まっすぐ前見て進め!コォラ!のらくろ、もたもたするんじゃない!
と、いう感じで進みましょう。

国際線空港から一度出て、ジプニーかタクシーで向かうのですが
空港にいるタクシーはロクなもんがいません!(東南アジアに限らず)

まず日本の要領で乗ったら、かなりの確立でぼったくられます。運がいい人は・・・

運が悪い人、あるいはない人はヘタをすると命が無くなります。良くても金品を
とられ服もとられ・・・知らない場所に置き去りにされます。
特に夜到着する便は要注意!ですね。今でもあると思いますが、友達のところへ
行こうよ、と誘われ日本人の友達がいるとか何とかで・・・
そこで飲み物や食べ物を出され、友達が来るまでと言ってインチキポーカーを
やるはめになり睡眠薬入りジュースを飲まされたり、とか・・・・

慣れた人でも十分な注意が必要な国なんです!フィリピンはwww

そこでダウンタウンまで行く方法ですが、まずは出口付近をよくみて見ましょう!
インフォメーションと書かれたブースがありませんか?
きれいなおねいさんが2~3人いるはずなんですが・・・・

ここでタクシーの手配などが出来ますが、ハイ、またまた注意ですよ!
空港で利用できるタクシーは3種類あります。一つはクーポンタクシー
車体が黄色いエアポートタクシー、そして一般のタクシーです。

初めてでしたら、クーポンタクシーを選びましょう!
安心安全な定額制です。
また、遠回りや料金トラブルなどもありませんので、初めてでしたらこれが
間違いなしですね。クーポンタクシーのカウンターに行けば
行き先と料金が書かれているので、ここへ行きたい!と指差して言えば
行き先が書いてあるチケットをもらえますので、行き先をよく確認して下さいね。
                タクシーチケットのイラスト
間違えるとトラブルになって、その原因が自分というおバカを見ることになります。
支払いは着いて降りる時ですので、乗り込んでからある程度用意しときましょう。

次に安心なのはエアポートタクシー。空港サイドと契約しているマッ黄ッ黄の
タクシーで、こちらはメーター制でちょっと割高。
しかし落とし穴があります。どちらもドライバーと結託してにわかホールドアッパー
(つまり強盗)が潜んでいる場合があるのですよ。

ですから少しも気が抜けないのです。

一般のタクシー、これは論外です!空港に出入りしているのは、シャブ中の
イカレ頭が多く、間違いなく何らかの被害を受ける覚悟が必要となります。
フィリピン人でも被害に会うことがあるので日本人なんか目じゃないっす!って感じ

フィリピン人なら普通後ろの席ではなく、助手席に乗りますが後ろに
隠れていて空港を出た直後に後ろから襲われるという凄い手を使いますので
侮れません!昼間でもヤラレますから、絶対乗らないように!

またこういうタクシーに乗せようと誘ってくるのもいますから、誘いに乗っちゃ
いけませんよ。
とにかく変だな、と思ったらひたすら無視でいいです。それがはばかれるのでしたら
日本語でいいですから、イラナイと一言!

これであきらめてくれるでしょう。

さあ!これで今夜泊まるホテルでも、お気にのおねいちゃんのバハイでも

どこでもGO!GO!
あんまり羽目をはずさない様に気をつけましょうねぇ。
ここは日本ではありません!魔物の巣窟ですから・・・・・

それでは楽しんでいらっしゃあ~い!


本日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

幸か不幸か無事に帰って来られる為の注意喚起記事を書いたつもりですが・・・
運が良ければダイボウジ!運がなけりゃ魔界行き・・・

やれやれ、やっと一人無事に送ったわい。疲れた・・・お勤めでも・・・

合掌!ちーーーーん!!