ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。
前回の続きです。
さて親戚の人に迎えに来てもらい、昔は夜遊びの天国といわれたマビニにあるその名も
マビニマンションにチェックインしました。結構知っている方も多いのではないでしょうか?

ここに二泊しましたが、着いた次の日にオキニに再び電話をしました。

が・・・・

何で出ぇへんのやろ?呼び出しは鳴っているのに、出てくれません。
その後も何度となく連絡をとろうとしたのですが、すべて梨のつぶて・・・

はい、皆さんはもうおわかりですね。

ヤラレタのです。   オキニにまんまと・・・                 泣きました、つらいわぁあーーつらい・・・

しばらく茫然自失となった後、覚醒したワタクシはオキニのツレに目をつけたのです。(ホンマ、ようやるわ)
もうこの際アトサキなんぞ考える余裕もなく、手短にあるもので欲求を満たそうとしたのであります。

哀れな中年にお慈悲を・・・・

その子の出身地がダバオだったんですねぇ。
しかし手短なって、いくらなんでもあーたちょっとあれなんじゃあ・・・

まぁしかたがありません、盲目状態でマトモな思考が完全にできないんですから。逆に変なクスリを
使った方がそのときは良かったのかも・・・(回想)

そしてまたヤラレルかも知れないというのに、その子の飛行機代をもってあげると言う暴挙にでるのです。

どなたかの心の中に思いアタルふしはございませんか?(仲間増やしてどうする気や)

過去にフィリピンに来たことはありますが、ダバオはその時が始めてでしてマニラほどゴチャゴチャしていない
雰囲気がすごく良かったですねぇ。今のドゥテルテ大統領が当時ダバオ市長をしていたので、治安は良く
夜一人で外の空気を吸いにいったものです。(ココナッツオイルのいい匂い)

いろんな所へ連れて行ってもらいました、オキニのツレに・・・

仲良くなって気心も知れた頃、popeに更なる試練がモトイ危険がもとい神の鉄槌がぁ~


無事に成仏できるでしょうか?       (アーー無理無理)


つづく