飲みすぎてまっすぐに歩けないpopeの部屋へようこそいらっしゃいました!

ニュースで知られた方もいらっしゃるとは思いますが、フィリピンにある
活火山の一つ、マヨン山が噴火していますね。

マヨン山、標高2463mの独立峰です。何年か前にも火を噴いてますが
活発な活動で有名な山です。

別名ルソン富士!昔、日系移民の方達にこの様に呼ばれていたそうですよ。
最初の噴火の時は、1万数千人が避難と伝えられましたが、今は7万人まで
増えてます。
被害の拡大が心配です!




場所は上の地図を見て頂いて・・・・

ルソン島の南南東、マニラから約480km、車で11時間ぐらいかかるところです。
って行った事がないんですけどねww

写真で見るととてもきれいな成層火山(コニーデ)で
まんま富士山のコピー見たいでしょ?
          
          Mt. Mayon aerial photo.jpg

ただ富士山と違うのは、現役バリバリの火山であること、溶岩の性質が違うこと
などが挙げられます。他にもいろいろ違いが・・・・

例えば・・・名前とか・・・

      アホか?



ま、まあ専門家でないので御赦しを・・・・

   歯切れが悪い!!


周りは国立公園となってまして、風光明媚ないいところだそうです。
行った事はないけれど・・・・・・

しかし一度噴火が始まると長引く傾向があるようですね。
直近の噴火を見ると、1984年 1992年 2000年 2009年
2013年と間隔も非常に短いです。

2013年の時は、登山客が犠牲になっておりある日突然噴火が始まるみたいで
なかなか脅かせてくれるようで・・・

マヨン山の場合、火砕流が過去に甚大な被害を与えていますので、注意が
必要です!フィリッピンの場合、こういった災害で一つの町が無くなるということが
簡単におきちゃいます。

マヨンの他に有名なピナツボ山がありますが、こちらも1991年6月に
400年ぶりの噴火が起きて近隣の村や町が放棄されました。

ついでに米軍基地も・・・・

この時は、台風の影響で噴火によって噴出された大量の火山灰が泥流となって
麓にある村や町を飲み込んだのです。

とにかく早く噴火、収まってほしいですね。


本日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

被害が大きくならないように、お勤めに励みましょう!

南~無~・・・合掌!