ゆらゆらと千鳥足人生

腰痛持ちの親父が、日々思う事や趣味、フィリピン人奥さんとその家族との交流などを綴ります。

フィリピン生活

義弟

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。
嫁は四人兄弟で長女です。すぐ下に唯一のオトコ(つまり弟ですね)がいます。つまり・・・
あとは全部おんな!!

タータイ(お父さん)会心のイッパツだった様で・・・                  男の子でよかったぁ

ソレはさておき、そのオトコもとい義弟(ワタクシにしてみれば)が日本に来たいと、申しておるようで。
(大変申し訳ありません、実は2年前の話なんですけどぉきいてくれますぅ?)
バカ丸出しですみません。

閑話休題。
そこでいろいろと必要な書類を集めねばならず、結構たいへんでした。このあたりかなり詳しくご存知の方
もいようかと、思いますので細かいことは割愛させていただきます。

まあ少々メンドクサイかなって感じですけども、可愛い弟の為嫁は一生懸命あちらこちらと走りまわってました。
もちろん旦那さんとしての役割もしっかり果たさせていただきましたが(強制的に)あーいうのは何度目の前
にしても、いやだなぁなんかメンドイなぁってなりますよねぇ。


続きを読む

実家2

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。
IMG_1647

嫁の実家です。嫁がなれない日本で
稼いだお金で、彼女が父にプレゼント
したそうです。


今の日本人でどれだけの人が出来ることでしょうか?

小生には逆立ちしてもムリです。
他のフィリピーナもこの様に家族の為に、と必死になって日本で生活してる
んですよねぇ。中には違うのもいるようですが・・・

ダンナの背中にぶっとい針をさして、
チュウチュウ吸っておるのも何人か
知ってますが、さすがに稀なことだと



え?そんなことなぁい?


いやいやどうなんでしょうか?

あまり深くつっこんではいけないような。







考えてはいけないような・・・・


あ、オレ 大丈夫かなぁ・・・


準備3

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。
将来、フィリピンに移住するにあたって今からいろいろ考えなくてはいけないと思い、去年あたりから
情報収集をやってます。
その他にはやはり嫁の家族と仲良くするのが一番と、事あるごとにコミュニケーションを取る様にしてます。

特に一番の権力者である、母上!ここがポイントですよ、皆さん!
次に母上の兄弟姉妹。嫁の姉妹。

何しろ母系社会ですからフィリピンは。女性陣から攻めて行かねば話にならないのです。
そのやり取りを見ていた周りの人達の接し方が変わってきますので・・・


去年年末から年明けにかけて帰った時は、各姉妹のバハイ(家)に初めてお邪魔しました。
皆近所なので歩いて数十秒で着いちゃいます。

一番下の妹夫婦だけが借家で、二番目の妹はいいところにお勤めのようで一軒家でしたね。



まあ、うらやましいこと!
続きを読む

フィリピン流思考

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

今日はアンポンタンはワラン パソック(休み)です。

フィリピンに帰った時、嫁の親、兄弟とよく話をするんですが、時々話しがかみ合わないことがあります。
(そりゃあんたの語学力の問題でしょ?)

ふだんの何気ない会話はいいとして、内容が専門的になったりチョッと科学的な話になると
こちらの言ってることが理解できないような表情を見せるのですよ。

それもいい年をした大人から学生、子供らまで・・・     (だからそれはアンタに問題が・・・)

たとえば、天気の話題で話してる時になぜ台風が来るのか?あんなもの来なけりゃいいのに
なんて話よくするんですが、熱帯低気圧がぁとか海水温がぁという説明をすると
どうして?という顔をするんですよねぇ。

以前自宅でお風呂に入ってる時、嫁が湯気を見て「ケムリ ケムリ スゴイヨ。ナンデ?」という
おバカなことを言ったことがあるので、もしかするとそういう基本的ないわゆる理科教程がない?
と思ってしまった次第です。続きを読む

節穴

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

フィリピン人は落ちてるゴミはぜっ~たい拾いません!

なぜか?


それがわかったら天才です!!

誰に聞いても明確な答えが返ってきたことがない、そんな不思議な事実なんですよ。


会社でも普通ゴミとかが落ちていれば、拾ってゴミ箱に入れると思うのですが・・・





あの人達にそいうことを教えるのは    ムリ   です。続きを読む
最新コメント
プロフィール

pope

若い時からあっちへフラフラこっちへゆらゆら、の人生を送ってまいりました。
安住の地を求めてフィリピンを選んだ
駄目親父です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日のレート
PVランキング
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索