ゆらゆらと千鳥足人生

腰痛持ちの親父が、日々思う事や趣味、フィリピン人奥さんとその家族との交流などを綴ります。

フィリピン生活

フィリピン人妻の旦那流 ラヂオ5

飲みすぎてまっすぐに歩けないpopeの部屋へようこそいらっしゃいました!

今回は皆さんにフィリピンの雰囲気を少し味わってもらおうと

インターネットラジオを紹介します。
アメリカの影響を強く受けていますので、内容はアメリカンポップが主流ですが
それでは面白くないので、O.P.Mと言われるフィリピン人が歌う
いわゆるフィリピンポップですね。(Original Pinoy Music)

タガログと英語で歌われてます。民謡とは違いますよ!有名シンガーの
カヴァーやフィリピン人作詞作曲のオリジナル曲などです。
こちらをメインにしたチャンネルを紹介しますね。
チャンネル数は結構あるのですが、どれがどれだかわからなくなると
思いますので、主なものだけにしておきます。

Pinoy Radio Dot Com


SURFING AND MUSIC

フィリピンラヂオを聞きながらご飯を食べたり、家事をすると
あ~ら不思議!まるでフィリピンに住んでるかのような錯覚に陥りますよ!

両隣に声の大きなガサツな人達が住んでいて、四六時中大声でしゃべっている
のが聞こえてくるような環境なら、完璧です!
まるで自分がフィリピン人になったような・・・・

いらんわ!!

今日も、最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。お勤めと写経して寝ます・・・

               合掌!

フィリピン人妻の旦那流 実家の・・・4

飛べない夫、キウイハズバンドのpopeどすえ!

去年末から新年にかけて帰省した時、いつもお義父さんが飼っている
ニワトリの声で目を覚まします。
日本とフィリピンの時差は約1時間。で、起きる時間はいつもと一緒!

つまり日本にいる時は毎朝4時頃起床するのですが、フィリピンでは
5時起床!どこにいても穏やかになれないpopeですわあ・・・

で、そんなに早く起きて何するの?って基本何もすることが無いので
とりあえず一服!

              

 
ということで(なにがじゃ?)今回は嫁の実家の早朝風景を見て頂きましょう!

             BlogPaint
実家は右手の黄色とグリーンの壁の家で、家の前でお義父さんとクソガキ1名
もとい甥っ子が掃除をしています。

ここは元々土地が低く、台風シーズンになると水深50cm~150cm
の洪水になります。
毎年のことなので誰も驚きませんし、かえって迷い込んできた魚が採れたりして
楽しんでいる模様・・・時々毒を持った生物(小生は知らない)も御呼ばれに・・・

この生物、一度聴いた記憶があるのですが・・・はて?どんな生物やったろか?

これに咬まれると激痛が走り、腫上がるそうでかなりのツワモノ!
でも正体知らず・・・・こ、怖いです!

そのうち詳しく聞いておきますね。移住の妨げになると困りますので・・・




今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。これよりお勤めです!

南無~~・・・ちーーン!

フィリピン人妻の旦那流 朝食5

月に代わってお仕置きするのもされるのも大好きなpopeどすえ!

フィリピンに帰省した時、朝起きて一服した後どうするか?これが問題・・・
基本、何もすることが無いので朝起きたときに今日の予定を考えますが・・・
(予定は未定、未定は・・・・・・・・・・・・・・ドッボーーン)

とりあえず誰かがパンディサ-ル(フィリピンの朝食に欠かせないパン)
              :wikipediaより引用
を買って来るまでしばし待つのだぞ、大五郎!

このパンディサール、パンデサルとも言いフィリピン人にとっては心のパン!
これを食べなきゃ朝が始まらない!とも言われてます。
元はスペインの塩パンなんですが、ぜんぜんしょっぱくなくどちらかというと
甘く外はカリッと中はもっちもち!のかの国にしてはおいしい部類のパンですねえ。

これに
                     チーズウィズ オリジナル 画像

をつけたり、ソーセージをはさんで食べると、最高! 
これはチーズのペーストディップでとっても美味しいものでパンにつけて
食べるのが定番ですね。少なくとも嫁の実家では・・・・  
これで一個2~3ペソ(5円か6円)です!安いでしょう?
なにが?ってパンディサルに決まってまんがな!
でも今日の予定は全く決まらない!いいんですよ!
だってここはフィリピンだもの・・・いいのかよ?本当に?

かまへん かまへん!
問題ない!ダイボウジです!何も無ければ寝れば良し!

問題あれば、逝って良し!腹が減ったらキッチンへ!

とりあえず何かあるものを口の中へ放り込んでおけばOK!
大事なのは早い者勝ち!早く美味しい食べ物を見つけたが勝ちです。



これで一日無事終了!です。



今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。写経もお勤めも
日本に帰るまでお・あ・ず・け・・・・・チンチン!
   もとい    ちーーン!!

 

フィリピン人妻の旦那流 庶民生活の不思議 清潔編4

飛べない夫、キウイハズバンドのpopeどすえ!

さて、皆さんはフィリピンというと東南アジアの国で国民は貧しく
日本の援助を受けてなんとかやっていて、犯罪が多い国、と
思ってませんか?そして貧しい暮らし=清潔ではない!とも・・・

意外と近い国なんですが、文化や庶民の暮らしぶりというのが
誤解されていることが多いように思います。

そこで少しずつその誤解を解くべく、小生が生活ぶりや文化の一端などを
紹介していこう、とこういう風に思ったのであります。

そこで最初に清潔感!ということですが、街中や庶民の家々を見る限り
普通の日本人からすると清潔感、と言う言葉からはかけ離れたところに
あるように見えると思います。
道端はゴミが散乱し(それを拾い集める専門職がいるが・・・)川や水のある風景は
異臭が漂い(マニラのパシッグ川やその支流はゴミがぷかぷか)家と家の間は
昔の日本の向こう3軒両隣状態!ですが・・・・・・・・・・

実は彼らはとてもきれい好きでして、日に何度も洗濯をし衣類はへたな
日本人主婦よりもきちんと折りたたんで収納されています。
(もちろん収納ボックスが買える家庭での話し)

そして洗濯後乾いた衣類には全てアイロンがけをします。
Tシャツはもちろん下着類まで全てですよ!
驚いたのはジーンズまでもがアイロンがけされてましたね。
これはほとんどの家庭で奥さんが、あるいは家族の誰かがします。

オカニ持ちはもちろん家政婦さんですが・・・

なぜアイロンがけをそこまでするか?というと以前教えてくれたフィリピン人曰く
天日に干した洗濯物を直接着ると、虫(ダニの様な刺す虫)がいると困る
それでアイロンの熱で消毒する、と言う意味があると教えてくれました。
あ、決してそういう虫がいるということではないですよ。
もしかしたら・・・ということです。

さらに日本人は今は朝シャン(古っ)と夜帰ってからお風呂、またはシャワー
でしょうが、昔からフィリピンの人達は毎朝シャワーをし、お出かけして
帰ってからシャワー、そして寝る前にシャワー(これは雨季の暑い日が続く
4月から8月ぐらいまで)と汗をかく閑がないほど体を清潔に保つ努力を
しています。
ある意味日本人より体と衣服は清潔なんですよ!

ただし、ただしですねどうもフィリピン人というのは足元に対する民族的
死角!を皆さん持っているようで、下に落ちているゴミや髪の毛
などを拾わないのですよ。自分が落としたものであっても!

これはうちの職場でもそうですが、いくら言って聞かせても誰も拾いません!
こればかりは我々日本人には到底理解出来ないと思いますよ!

ですから、映画館などに行くと日本人、特に女性は椅子に座るのさえ躊躇したく
なるでしょうねぇ・・・足元を見たら・・・・



怖いよう!怖いよう!・・・
また部屋の中(ちゃんとしたコンクリート製の家とバラックの手作り家とがある)
はきちんと整理整頓され、朝晩ほうきで掃き出してますのでそこそこキレイですね。


また、スラム街というのは日本人にも馴染みのある言葉で、そこがどういう場所か
なんとな~くわかる方もいらっしゃると思いますが、スラムの他にスクウォッター
と言う場所があります。

なんだかわかりますか?

いわゆる不法占拠地区、というやつでして地方から仕事を求めてやってきた
人達があいている場所に勝手に家を建て、更には電気も近くの電柱から
引っ張り込んで(ようは電気泥棒!)そこで生活をおっぱじめちゃったところです。

最初は数人のグループだったのが、短期間で家族を呼んだりして行政が手を打つ前に
ア!という間に一つの町になっちゃった!と言う場所です。

一般人は元より旅行者なんてとんでもない!
とても危険な場所です。ジプニーやタクシーで通りかかっても、決して住人と
目を合わせてはいけない、それぐらい危ないところもあります。

そんなところでも、先ほど書いたように毎日掃除、洗濯、アイロンがけは
されているところが面白い!
なぜわかるか?というと、そういったところの住人は基本暇なわけです。
仕事がありませんから・・・仕事を探しにやってきて仕事が無い?

アホか?と思うでしょう?でも現実そうなんです。
そんな中、彼らの家の周りには洗濯物がズラーリ!そしてバラック小屋の中では
うら若き女性がアイロン片手に必死こいているのを何度か見たことがあるので・・・

清潔、と言うことだけで記事にしようと思ってましたが、余計なことまで書いてしまい
長くなりましたので、今回はこの辺で・・・

次回は、トイレについて書いていこうと思います。
小生これでも忙しいのですよ!写経にお勤め・・・・ハァ シンド・・・

さあさ、始めましょかぁ・・・南~無~・・・


今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。 合掌!

フィリピン人妻の旦那流 庶民生活の不思議 トイレ編4

月に代わってお仕置きするのもされるのも大好きなpopeどすえ!

海外渡航または生活する上で女性が気になる場所、それはトイレではないでしょうか?

フィリピンのトイレ・・・・お世辞にもきれいとは・・・

いやいやそんなことはないですよ、そこのあーた!
フィリピンでは家を作るとき、必要なところ以外は塗装や小奇麗な装飾をしません。
ですからトイレ、洗面台などの周りは無機質なコンクリートの塗りっぱなし!
打ちっぱなし!ではありませんよ。塗りっぱなし!と言う表現がピッタリです。

下手な素人のにわか左官職人が、適当にモルタルを混ぜ混ぜしたものを
ありとあらゆるところに塗りたくった状態、それが仕上げになります。
だから見た目が非常によろしくない!

さらに日本のようにバスタブが無い!いやある家の方が珍しい!どちらかというと

変わり者!の家になります。

バスタブに浸かりたい!というときはホテルに泊まるしかないですね。
シャワールーム兼トイレ、というのが普通です。

で、そのトイレ 蓋がありません!用を足そうとドアを開けたら蓋の無い便座のみ!
使い方は同じですが、水を流すレバーが無い!
用を足した後、どうすりゃええの?となりますが、見渡すと手桶とかめが目の前に・・・

そうです!察しのいいあなた!あなたは頭がいい!かめから手桶で水をすくい
便器に流すだけ!たったそれだけでOK!あなたの分身は・・・・
アッレーーー!
と言いつつ流されていきます。と、ここでもう一つ疑問が・・・・
男性は小は問題ないですね。女性と男性の大、これが問題です。

分身を流すには手桶で水を、と言う話をしましたが流す前に手桶を前
または後ろに持っていき、手を使って洗います。
え?
そうです、ご想像の通りですよ!当たりです!
用を足したら後ろから前からを手桶ですくった水を直接かけて洗い流すんです。
東南アジアでは大抵この方式が当たり前になってますね。
タイなんかでも同じやりかたでした。
なんどか挑戦しましたが、どうやっても服がズボンが短パンが・・・濡れます・・・
当然トイレットペーパーなんぞございません!使えば・・・
       

    つまります!



何度か手ほどきを受けましたが、要領が悪いのか?どうもうまくいきません。
きれいに洗おうとするとびちゃびちゃに濡れてしまい、適当にやると・・・・
残っているような・・・気が・・・・

濡れた状態でトイレから出た日にゃ・・・日本に帰るまでネタにされていじられ
しつこく笑われますwww

次回はシャワーについてお話しようと思ってますが・・・アンポンタンなので・・・

わかりません!


今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・
最新コメント
プロフィール

pope

若い時からあっちへフラフラこっちへゆらゆら、の人生を送ってまいりました。
安住の地を求めてフィリピンを選んだ
駄目親父です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日のレート
PVランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード