ゆらゆらと千鳥足人生

腰痛持ちの親父が、日々思う事や趣味、フィリピン人奥さんとその家族との交流などを綴ります。

フィリピン生活

フィリピン人妻の旦那流 庶民生活の不思議 清潔編4

飛べない夫、キウイハズバンドのpopeどすえ!

さて、皆さんはフィリピンというと東南アジアの国で国民は貧しく
日本の援助を受けてなんとかやっていて、犯罪が多い国、と
思ってませんか?そして貧しい暮らし=清潔ではない!とも・・・

意外と近い国なんですが、文化や庶民の暮らしぶりというのが
誤解されていることが多いように思います。

そこで少しずつその誤解を解くべく、小生が生活ぶりや文化の一端などを
紹介していこう、とこういう風に思ったのであります。

そこで最初に清潔感!ということですが、街中や庶民の家々を見る限り
普通の日本人からすると清潔感、と言う言葉からはかけ離れたところに
あるように見えると思います。
道端はゴミが散乱し(それを拾い集める専門職がいるが・・・)川や水のある風景は
異臭が漂い(マニラのパシッグ川やその支流はゴミがぷかぷか)家と家の間は
昔の日本の向こう3軒両隣状態!ですが・・・・・・・・・・

実は彼らはとてもきれい好きでして、日に何度も洗濯をし衣類はへたな
日本人主婦よりもきちんと折りたたんで収納されています。
(もちろん収納ボックスが買える家庭での話し)

そして洗濯後乾いた衣類には全てアイロンがけをします。
Tシャツはもちろん下着類まで全てですよ!
驚いたのはジーンズまでもがアイロンがけされてましたね。
これはほとんどの家庭で奥さんが、あるいは家族の誰かがします。

オカニ持ちはもちろん家政婦さんですが・・・

なぜアイロンがけをそこまでするか?というと以前教えてくれたフィリピン人曰く
天日に干した洗濯物を直接着ると、虫(ダニの様な刺す虫)がいると困る
それでアイロンの熱で消毒する、と言う意味があると教えてくれました。
あ、決してそういう虫がいるということではないですよ。
もしかしたら・・・ということです。

さらに日本人は今は朝シャン(古っ)と夜帰ってからお風呂、またはシャワー
でしょうが、昔からフィリピンの人達は毎朝シャワーをし、お出かけして
帰ってからシャワー、そして寝る前にシャワー(これは雨季の暑い日が続く
4月から8月ぐらいまで)と汗をかく閑がないほど体を清潔に保つ努力を
しています。
ある意味日本人より体と衣服は清潔なんですよ!

ただし、ただしですねどうもフィリピン人というのは足元に対する民族的
死角!を皆さん持っているようで、下に落ちているゴミや髪の毛
などを拾わないのですよ。自分が落としたものであっても!

これはうちの職場でもそうですが、いくら言って聞かせても誰も拾いません!
こればかりは我々日本人には到底理解出来ないと思いますよ!

ですから、映画館などに行くと日本人、特に女性は椅子に座るのさえ躊躇したく
なるでしょうねぇ・・・足元を見たら・・・・



怖いよう!怖いよう!・・・
また部屋の中(ちゃんとしたコンクリート製の家とバラックの手作り家とがある)
はきちんと整理整頓され、朝晩ほうきで掃き出してますのでそこそこキレイですね。


また、スラム街というのは日本人にも馴染みのある言葉で、そこがどういう場所か
なんとな~くわかる方もいらっしゃると思いますが、スラムの他にスクウォッター
と言う場所があります。

なんだかわかりますか?

いわゆる不法占拠地区、というやつでして地方から仕事を求めてやってきた
人達があいている場所に勝手に家を建て、更には電気も近くの電柱から
引っ張り込んで(ようは電気泥棒!)そこで生活をおっぱじめちゃったところです。

最初は数人のグループだったのが、短期間で家族を呼んだりして行政が手を打つ前に
ア!という間に一つの町になっちゃった!と言う場所です。

一般人は元より旅行者なんてとんでもない!
とても危険な場所です。ジプニーやタクシーで通りかかっても、決して住人と
目を合わせてはいけない、それぐらい危ないところもあります。

そんなところでも、先ほど書いたように毎日掃除、洗濯、アイロンがけは
されているところが面白い!
なぜわかるか?というと、そういったところの住人は基本暇なわけです。
仕事がありませんから・・・仕事を探しにやってきて仕事が無い?

アホか?と思うでしょう?でも現実そうなんです。
そんな中、彼らの家の周りには洗濯物がズラーリ!そしてバラック小屋の中では
うら若き女性がアイロン片手に必死こいているのを何度か見たことがあるので・・・

清潔、と言うことだけで記事にしようと思ってましたが、余計なことまで書いてしまい
長くなりましたので、今回はこの辺で・・・

次回は、トイレについて書いていこうと思います。
小生これでも忙しいのですよ!写経にお勤め・・・・ハァ シンド・・・

さあさ、始めましょかぁ・・・南~無~・・・


今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。 合掌!

フィリピン人妻の旦那流 庶民生活の不思議 トイレ編4

月に代わってお仕置きするのもされるのも大好きなpopeどすえ!

海外渡航または生活する上で女性が気になる場所、それはトイレではないでしょうか?

フィリピンのトイレ・・・・お世辞にもきれいとは・・・

いやいやそんなことはないですよ、そこのあーた!
フィリピンでは家を作るとき、必要なところ以外は塗装や小奇麗な装飾をしません。
ですからトイレ、洗面台などの周りは無機質なコンクリートの塗りっぱなし!
打ちっぱなし!ではありませんよ。塗りっぱなし!と言う表現がピッタリです。

下手な素人のにわか左官職人が、適当にモルタルを混ぜ混ぜしたものを
ありとあらゆるところに塗りたくった状態、それが仕上げになります。
だから見た目が非常によろしくない!

さらに日本のようにバスタブが無い!いやある家の方が珍しい!どちらかというと

変わり者!の家になります。

バスタブに浸かりたい!というときはホテルに泊まるしかないですね。
シャワールーム兼トイレ、というのが普通です。

で、そのトイレ 蓋がありません!用を足そうとドアを開けたら蓋の無い便座のみ!
使い方は同じですが、水を流すレバーが無い!
用を足した後、どうすりゃええの?となりますが、見渡すと手桶とかめが目の前に・・・

そうです!察しのいいあなた!あなたは頭がいい!かめから手桶で水をすくい
便器に流すだけ!たったそれだけでOK!あなたの分身は・・・・
アッレーーー!
と言いつつ流されていきます。と、ここでもう一つ疑問が・・・・
男性は小は問題ないですね。女性と男性の大、これが問題です。

分身を流すには手桶で水を、と言う話をしましたが流す前に手桶を前
または後ろに持っていき、手を使って洗います。
え?
そうです、ご想像の通りですよ!当たりです!
用を足したら後ろから前からを手桶ですくった水を直接かけて洗い流すんです。
東南アジアでは大抵この方式が当たり前になってますね。
タイなんかでも同じやりかたでした。
なんどか挑戦しましたが、どうやっても服がズボンが短パンが・・・濡れます・・・
当然トイレットペーパーなんぞございません!使えば・・・
       

    つまります!



何度か手ほどきを受けましたが、要領が悪いのか?どうもうまくいきません。
きれいに洗おうとするとびちゃびちゃに濡れてしまい、適当にやると・・・・
残っているような・・・気が・・・・

濡れた状態でトイレから出た日にゃ・・・日本に帰るまでネタにされていじられ
しつこく笑われますwww

次回はシャワーについてお話しようと思ってますが・・・アンポンタンなので・・・

わかりません!


今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

フィリピン人妻の旦那流 庶民生活の不思議 シャワー編5

月に代わってお仕置きするのもされるのも大好きなpopeどすえ!

フィリピンでのシャワーですが、タガログでMaligo(マリゴ)と言います。

シャワー、と言いますがフィリピンでは基本水圧がとても低いので、シャワーになりません!
え?
どうするか?というと水浴び式になります。具体的には、水を溜める大きなかめや
バケツから手桶ですくい、体にかけながら洗う形ですね。
どうですか?想像できますか?

慣れるまでは結構大変なんですが(なにせ水が冷たい!)慣れてしまえば
どうってことはないですよ。
ただし、座ることが出来ないのでコツが少々・・・・

そこでトイレ兼となってるわけです。トイレの便座に座って水浴び!
これがフィリピン流です。
あと床ですが、当然砂ザラザラのモルタルですので、足が痛い!
そこでシャワーをする時は・・・・・・・


    ビーチサンダル!!
を使います。これがないととてもじゃないが水浴びなんて・・・・
まあこれも慣れの問題ですが・・・なにか?

小生は朝、トイレをする時に一緒に水浴びをします。これが手っ取り早い!
全裸になり、便座に座って用を足し終わったら手桶で水をかけ流しながら
体を洗い、頭を洗いひげを剃ります。
一石二鳥で朝の行事は終わりますね。

これが不衛生と言われてしまえば・・・・終わりです!

要は慣れ!の問題でしかないのですよ、明智君!


ということで、フィリピンのトイレとシャワー事情、一件落着!

さあ今日もお勤めです!あ、写経も・・・・

一つ言い忘れた事が・・・・
この話はスラム及びスクウォッター以外の普通の家、つまりは同じ貧乏人でも
少しだけ裕福な家での話です。悪しからず・・・・



今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・

マジメな記事を書き続けたら、体調がものすごく悪いです!寝込むかも・・・

フィリピン人妻の旦那流 庶民生活の不思議キッチン編5

フィリピン人妻にイジメられて、涙目になってるpopeです。

さてさて今日は、フィリピンの一般家庭におけるキッチンについてのお話です。

フィリピン庶民家庭のキッチンの作りは、ダイニングキッチンが多いですね。
田舎や古い家、そしてスラムなどは土間にかまどって・・・
古い日本の家みたいですね。まあ良く見るとかまどって程じゃないものが・・・
大きな石を3つか4つ置いて火をおこしたら、さあ料理のはじまりはじまり!

大抵そこで煮炊きをするようです。

ダバオにいた時は、海沿いの、というより海の上に建てた家に遊びに行ったことが
ありますが、そこはもう本当に海の上!潮が満ちてくれば水深2~3m!
家の床から下まで4~5m!
家に行くまでは一枚の板の上を一本橋でおっとっと・・・当然つかまるものはなし!

トイレは海にストレートにどぼん!さらに潮が引けば皆さん総出で潮干狩り!

              ・・・・・・・・・って・・・・・・・・・・・
そこで海産物(正体不明)をごちそうになりましたが、それはそれはおいしく
頂きまして。え?ナニを食べたか?って。

それは聞いてはいけないルールですよ~ん!考えたくもありません・・・
調理した場所が昔の日本の土間の様な所でした。でも家が竹とシュロの
葉っぱで出来ていますので、床は竹ですけどね。その上に燃え移らないように
炭で火が起こせる様になっていまして、そこで煮炊きが出来るようになってました。

ですが、マニラ近郊の所謂中産階級のお宅では、ちゃんとした
ダイニングキッチンです!きっと・・・
まあ大抵は二口のガスコンロとちょっと小さめの良く詰まるシンク
その周りは日本の一般住宅をこじんまりさせた様な作りが多いと思います。

嫁の実家もそのような作りですし、ご近所さんも同じでしたからね。

キッチンユースで皆さん共通の点があります!
それはガスの使い方。フィリピン料理はどちらかというと煮込み系の料理が
多いのですが、皆さん火加減は弱火!
とにかく強火で調理する所を見たことが無い!中国人だったら激怒でしょうね!
小生も何回かお義母さんに協力してもらい、調理しましたが
みんなビックリ!お義母さん「ホイ、pope!ツヨクナイカ?ダイジョブカ?」
と何回も聞かれましたが・・・・無視!ですね。

キッチン周りを見ますと、そばにはジャパンマネーで買った家には不釣合いな
冷蔵庫。そして食器棚類。直ぐそばには歩くのに邪魔なだけのテーブル。

こんな感じです。
          BlogPaint
       嫁の母方の親戚が勝手に人のところでメシ食ってます!ウソです!

伯父さんの誕生日パーティーにお呼ばれしただけですが、叔母さんの後ろが
コンロそしてその右側にシンクがあります。
分かりずらいでしょうが、ご勘弁を・・・今度帰った時にじっくりと撮ってきますね。

ついでにこの前の記事で(フィリピン人妻の旦那流 実家の・・・)雨季になると
水浸しになるということを書きましたが、その時の写真です!
          ondoy flood 4
                   家のリビングです!
          ondoy flood 6
          人間より大事なジャパンマネーで買った冷蔵庫!
                     いち早く避難です!
          ondoy flood 11
            どうですか?人の身長からすると結構なもんでしょ?


これが毎年毎年繰り返されるのです。しかし現状は変えられない・・・・
それがフィリピンです!細かいことは割愛します!

めんどうなので・・・・・




今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

フィリピンのために拝ませて下さい!え?

なんまんだぶ なんまんだぶ・・・・ちーーーン!

フィリピン人妻の旦那流 庶民生活の不思議 ガス編4

飲みすぎてまっすぐに歩けないpopeの部屋へようこそいらっしゃいました!

今も頭がくらくらしていますが、今回はキッチンで使うガスについてです。

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、日本と違いフィリピンでは
インフラの整備が遅れており、電気、ガス、水道などは今も何かと不自由を
強いられているところがありますね。

最近はかなり減ったと言われる、停電や水道が止まるなども時々あるそうです。
そんな中、ガスはどうなのか?についてお話しますね。

日本ですと、都市ガスとプロパンの2種類がありますが、フィリピンでは
ガスはLPGのみ!つまりはプロパンですね。ボンベで売られています。
大きいコンドミニアムなどはプロパン禁止のところが多いようですが、一般住宅では
どこの家でもキッチンに行けば一つは転がっている代物です。

コンロ台の下に、ちゃんとボンベが置けるスペースを設けてそこに鎮座してますね。
普通日本でしたら安全性を考えて屋外に置きますが
あちらでは直下に置く事が多いです。

あっぶねぇなあ・・・
でも誰も気にしてません!危ない?なんで?ってな具合です。
たま~に爆発事故などもあるようですが・・・

しかし、田舎に行くと今でも薪を使って調理するところがあるようですね。
というのはプロパンのボンベは街中で売ってはいますが、大抵デリバリーで
配達してもらうことが多いのです。
LPGを扱っている店に出向き「一本頼むわ」と言えばリアカーで運んでくれますが
田舎では配達できる範囲を超えてしまったり、あるいは経済的理由から
なかなか買えないということで薪になってしまうようです。

都市部では簡単に手に入りますが、田舎では月に一回買えるかどうか?
と言う代物になってます。

で、これがマタ高い!一本大体1000ペソ!日本円で¥2200~2300!
マニラなどの都市部では大体月に1~2回買うそうで、トータル2000ペソの出費!
                            (約¥5000デリバリーチャージ含む)
                                        2017年10月時点
学校の先生や警察官などの公務員、あるいは低所得者層にとっては
大きな出費となるわけです。
ちなみに給料は大体どれぐらいか?といいますと、高い人でも月¥30000~40000
低いと¥10000~15000!

やってらんねえ!
日本で言うところの家賃分に相当する勢いですよね!

ただしここで逃げ道、というか安く買う方法が・・・
実はサイズが大きく2種類あって、大きいのは10kgと5kgの二つそれと小さいのが
ボンベの上にコンロが付けられている(これは何kgかわかりません!)
キャンプで使うバーナーのでかい奴がありまして、それぞれ値段が違います。
当然小さくなれば・・・ね、安いでしょ?っていくらよ・・・

とはいえ、高いものは高い!ですから調理する時は絞って絞って弱火で使うのですよ。

煮込み系が多いフィリピン料理、中には炒めたり焼いたりするものもありますが
全部弱火でやっちゃう!だから時々旨みが抜けたようなものが出てきますが
そんなこたぁ気にしない!
カンキーナイ!なんですよ。トホホホ・・・

前に嫁の実家で料理を作った時に、強火でガンガンやっていたら
お義母さんの絡みつくような視線が・・・痛かった・・・


次回は電気か水道について書こうかどうしようか?悩んでます・・・・

さあさあお勤めの時間です!

今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。なんまんだぶ なんまんだぶ・・・
最新コメント
プロフィール

pope

若い時からあっちへフラフラこっちへゆらゆら、の人生を送ってまいりました。
安住の地を求めてフィリピンを選んだ
駄目親父です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日のレート
PVランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード