ゆらゆらと千鳥足人生

腰痛持ちの親父が、日々思う事や趣味、フィリピン人奥さんとその家族との交流などを綴ります。

フィリピン人妻との普段の生活

フィリピン人妻の旦那流 フィリピンにハマッタ人々編其の三5

フィリピン人妻にイジメられて、涙目になってるpopeです。

さて今回は、フィリピンに逝ったもとい行ったきり帰って来なかった人達に
ついて書いていこうと思います。

フィリピンパブで知り合い、相思相愛(そう思っているのは大抵日本人のみ)で
迎えた帰国日!当の本人にとっては一大事!何しろあの大事なフィリピーナ
ちゃんが帰ってしまう。どうしよう・・・とりあえず自分がどれだけ惚れているかを
印象付ける為に、お土産代あるいは家族へどうぞ的なお金を差し出し
「きっと会いに逝くよもとい行くよ」とか何とか言って送り出します。

いなくなった後、しばらくは腑抜けのようになり(恋の病?)仕事も手につかず・・・

ある日突然、何をとち狂ったか?溜まっていた有給を全て使い
いざ、フィリピンへ!

と、今まで観察してきた中で多いのがこのパターンです。

ヒドイのになると会社辞めてまで・・・というのがいましたから・・・
恐ろしや、フィリピン人タレント!

ピンポンパンポ~ン・・・ここでお知らせです!
あまり大きな声で言えませんが、小生も前はこのくちでしたwww・・・・

え~っとですね、調べて見ますと2016年10月度におけるフィリピン全土での
在留邦人は外務省在留届けベースで、16,977人だそうですが・・・
実際はもっといるのですよ、小林少年!(明智探偵調べ)

外務省に在留届けがない人、つまりは何らかのうしろめたい背景を持っている方々が
ものの本によると、フィリピン全土で2万~3万人近くいると言われてます。
ただしデータがダブっていたり、古かったりする場合があるので正確性に欠けますが
間違いなくいます!

しかし、きちんと手続きをしてしっかりした生活計画を持って移住された方達もおり
中には大使館に届ける事無く、フィリピン生活を送っている方達もいます。


どうしてそのような方々が存在するようになったか?・・・

これは理由が全部同じというわけではないと思いますが・・・・

人生の中で歯車が、なぜか狂ったとしか言いようがないケースが多いのです。
そんな中でフィリピーナと知り合わなかったら、こうならなかった!というのも
確かにありますが・・・・・・・
最初に書いたように、お店で知り合ったタレントを追いかけてフィリピンまで
行きました。教えてもらった住所のメモを握り締めタクシーに乗り込んで
身振り手振りで伝えて行って見れば、そこには見ず知らずの人が住んでおり
(大抵は女の子の身内だったりするwww)知らぬ存ぜぬと言われて途方に暮れ
持ってた全財産も、やけのやんぱちで夜遊びでたちまち消えて最後の砦の
パスポートを取り上げられるか、売るかして完全無欠のホームレス!!

というシナリオです!これで小生が知っている限り(少し古い情報ですが)
マニラ首都圏だけで外務省未届け在留者は1万人!はいると言われてますwww


今はだいぶ減っていると思いますが・・・皆さんお年をお召しになり・・・・お亡く・・・・・


皆さんそれぞれただでさえ貧しいフィリピン人にお世話になっているようで
とりあえず食べていくぶんには大丈夫みたいですが、一度夕日で有名な
マニラ湾を望む公園で、あきらかに日本人である、というホームレスを
見たことがあります。なんか悲しくなっちゃいますねぇ・・・・・・・

突撃取材とかをやった訳ではないのですが、こういった人々は現地で新たな
フィリピン人ババエ(女の人)とねんごろになり、ご飯を食べさせて貰っているようです。

何故そこまでいっちゃうのか?どうなんでしょうねぇ?・・・・

あと帰れなくなった理由に、会社やお店のお金を持ち出してまで
フィリピンパブに通い続けたために、日本で社会生活が
送れなくなってしまった人や
親戚などからの非難、誹謗中傷を受け帰国にかかるお金の送金を断られたり
縁を切られたりと、まあ踏んだり蹴ったり!

時々日本から逃げてきた犯罪者もいるようで・・・・・

フィリピン人と係わったばかりに・・・という人達のお話でした!
やりきれない終わり方で、スンマソン!

あ、そうそう中には頭を働かせて日本大使館に駆け込む人もいますが
面倒は見てもらえないと思った方が間違いないです!

基本、世界中どこの国にあっても所詮日本国のお役所ですからね!

せいぜいパスポートの仮発行ぐらいで、お金も貸してもらえませんし
チケットの手配も何もしてもらえませんよ。
ある程度のお金を持っていれば、アドバイス的なことは教えてくれますが・・・

今度は明るい記事が書けるように努力しますね、出来るかどうか・・・・・・・・


今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

フィリピンに逝かれた方達に合掌!!

フィリピン人妻の旦那流 今宵の晩酌5

飛べない夫、キウイハズバンドのpopeどすえ!

先週買ってもらった大吟醸!あれから
あ、というまに3日でなくなっちゃいまして・・・

やむをえずまた買う羽目に・・・って自分が飲みたいだけやんか?
はい、お約束のツッコミありがとさん!

さすがに今度も買って!とは嫁に言えず・・・財布をはじからギューッと絞りあげて
出た3000円を握り締めて買って参りました!
買ってしまえばこっちのもの!一升瓶を抱えてスキップしながら帰って来まして・・・

あ、そういえば・・・
アテを買うのを忘れたことに気がつき
当社比5倍の速さでアテをゲットォ!
家に帰るなり、ただいま!もそこそこに2合徳利に注いでチン!1分で
ハイ、出来上がり

嫁の痛い視線を感じながら・・・うんめえぇぇぇ!

そのアテがこちらです。

          IMG_0212
          活〆ヒラメお刺身スーパーマーケット仕様!
                   夢の30%OFF!
          IMG_0211
  さんま竜田揚げ!油が抜け切れてなく、片栗粉の味がステキな一品!
          IMG_0210
          これで今日も♪酒が酒が飲めるぞ♪

よい子のみなさんは、決してマネをしてはいけません!
いずれ逝くでしょう・・・ってどこへ?子供は知らない方がいい・・・

ということで(なにがじゃぁ?)今宵も更けていくアンポンタンの家でしたあ!

今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。
この後お勤めに入ります・・・

なんまんだぶ なんまんだぶ・・・ちーーン!
           合掌!!

フィリピン人妻の旦那流 フィリピンにハマッタ人々編其の二5

飛べない夫、キウイハズバンドのpopeどすえ!

さて前回の続きでござ~い!

フィリピンパブでオカニをたくさん使い、お気に入りの女の子が帰国!
と言う時にお金を渡したり、自分も離れたくない一心で後を追いかけて
フィリピンにまで行っちゃったり、というところまででしたね。

お金を渡す人は、もう一度この町の出来ればこの店、それがダメなら
違うお店でも良いから自分のところへ帰ってきて欲しい、という希望のようです。
まあ全部が全部ではないとは思いますが・・・

こういう人は、その子がいなくなると違う子を指名するようになる、という
ある意味ご都合主義的な行動に出ることが多いです。
別に特定の女の子でなくても構わないみたいでその場その場で恋愛ゲームが
出来ればOK!なんでしょうねぇ・・・

一度帰国してまた同じお店に帰ってきた子が、自分のお客さんだと思ってたら
違う子を指名していることがバレタ時は面白かったですよ!
そのお客さん、前の子が帰ってきていたことを忘れていたようで・・・

    修羅場でした!
お店の中で・・・・


靴は飛んでくるは、グラスが割れる音はするはもーたいへーーん!!
小生なかなか行き会わない場面に遭遇してに~んまり!


にやけている男性会社員のイラスト
しかし何が飛んでくるかわかりません!
危ないですから、腰を低くした体制で様子見でしたけどwww

結果、二股のお客さんは出入り禁止!後から指名を受けてた子はプロモーターを
通して違う地域のお店へ・・・帰ってきたばかりの子はそのまま・・・
状況やお店によっても対応は違ってくるとは思いますけどね。

けんかは他にもお客さんの取り合いなんかでも時々・・・
その激しさは初めて見るとぶっ飛びます!そこまでするか?って感じで。
いやホント、まじで。

お客さん同士でもけんか、ありましたねぇ。いい年こいたおっさんが
おれの女に手を出すな!とかなんとか・・・聞いてるこっちが恥ずかしい・・・・
それだけ皆さん思い入れがあったのでしょう。

その思い入れが強すぎて、十歩以上踏み込んで行かれたチャレンジャー達がいます!

それがフィリピーナを追いかけてフィリピンまで行っちゃった人達ですね!
しかも海外渡航が初めてという人もちらほらと。
愛の力は凄いもんです!本当に。
お店の店長さんは、やめとけ!あぶない!場所わかるのか?等々いろいろ
言って聞かせたり、引き止めたり大変だったようです。

何人かは思いとどまって(自殺じゃないんだから!)行かなかった様ですが
中には、これが最後のチャンス!と言わんばかりに強引に出国された方も・・・・・・・
この方、お気に入りが惚れたに変わり、更には結婚の二文字が頭にちらついて
居ても立ってもいられず、女の子が帰国した翌日に成田へ行き、JALのカウンターで
大人一枚!!と言ってチケットゲット!
そのまま帰らぬ人に・・・
店長さん曰く「きっと教えてもらった住所、うそだったんだろうなあ」・・・・


こんなウソのような話、実はたくさんあるんですよ!

今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

機会があればまたチョコチョコ書いていこうと思います!  合掌!

フィリピン人妻の旦那流 嫁の好物手に入る5

フィリピン人妻にイジメられて、涙目になってるpopeです。

今日の午後、仕事中の嫁から電話がありまして・・・

フィリピン人の友達が(2交代制勤務)今日明けで帰ってあの有名な無駄に大きい
会員制スーパー、コストコに行って来たとのことで。(それがどうした?)

こういうことにはソツがない嫁、しっかり買い物をお願いしてたそうです。

ホントに頭の使い方がおかしなフィリピン人!
まあどうでもいいのですが、それをかのフィリピン人の友人宅まで
取りに行って来い!との仰せwww

へいへいわかりやした!と、オイちょっと待て!バハイ(家)はどこよ?
と聞いて見れば、自宅から片道30分!・・・

勘弁してくれよ、その後会社まで迎えに来いなんて・・・ブログの更新があああああ!
応援ポチッ、はてブがぁぁぁぁぁ!


オレの自由があぁぁ・・・


取り乱しました。
ここは言うことを聞いておかねば、また深夜に顔のアブラを舐め取られてはたまらないので。

クヤシイけど言われた通りに、取りに行って参りました。

それがこの三品!
              IMG_0198
               嫁、食いかけのチーズケーキ。直径40cm!
               お値段¥1266!
              IMG_0199
               ローストチキン。お値段¥669!
     え?おい大丈夫か?なんか得体の知れない肉?じゃないよね?
寄せ集めの人口肉だったりしてwww
              IMG_0200
                  そしてご存知!SPAM!
                 お値段¥1200!3個入り!

コレだけの為に往復1時間!バカみたいwww
しかも写真を撮る準備をしてたら、パクつきやがって!



でもまあ安いは安いです、普通のスーパーで買うよりは・・・・・
しかしこの他に年会費¥4400の会費を取られることを考えたら
一緒のような気も(普通のスーパーと比べても)

今回のように、誰か会員さんに頼んで買ってもらう方法が一番お得なような・・・
大量に購入するのであれば、間違いなくお得だと思いますが一般家庭の少人数
家族ではちょっと無駄な気もしますねぇ、コストコ。


今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

いいように使われて疲れました・・・           合掌!!     

フィリピン人妻の旦那流 フィリピンにハマッタ人々編其の一4

フィリピン人妻にイジメられて、涙目になってるpopeです。

フィリピン人と何らかの形でかかわり、フィリピンにどっぷりと浸かって
しまった人々や、逆に痛い目に遭い二度と係わりたくなくなった人々がいます。

そんな話をしてみましょう・・・

興行目的でフィリピン人が日本へ来るようになったのは、一説には1970年代
終わり頃といわれています。その前からも興行目的(主に売春など)で入国してた
例はあるようですが、ほとんどが頭にやの付く自由業の方達が
仕切っていた様で・・・

その当時からジャパ行きさん、と言う言葉が出始めて来たようですね。
         (じゃぱゆきさん)

小生が記憶しているフィリピンパブは東京でしたが、一見怪しいお店に見えたので
しばらく遠くから様子を見ていたりしましたよ。だって怪しいんだもん・・・
それが1987年頃。

たまたま飲んだ帰りにそこのお店の前を通ったら、店から帰る客を
見送りに出てきたのが・・・
そう、フィリピーナ(フィリピン人の女性)だったのです!

おー外人のいるお店かぁ、ちょっと遊んでみるか・・・これがキッカケでしたね。
これは酒が飲めて、女の子と仲良くなれて英語の練習にもなる!と早とちり!
でも全員が英語が出来る訳ではない事がわかると、興ざめし行かなくなりました!

だいぶ経ってからまた遊びに行くようになりましたが、その時の人間観察が
面白かった!!
皆さん、恋愛ゲームをしにやってきていたのでしたよ!

それもいい年こいたおっさんが!ラヴユーとか何とか言っちゃって・・・・

たまたまどんどんはまっていった人が増えていった頃みたいですね。
え?小生?

はいな、当たり前だのクラッカーですやん!当然はまってました・・・
そこで少しタガログも覚えましたしね。

で、お気に入りの女の子が出来れば、当然同じ店に通いますから常連となり
店長さんなんかとも仲良くさせてもらったり・・・おまけは 無しよ~ん・・・

いろいろお話を聞くと、面白い話がわんさかわんさかと出て参りまして。


フィリピンパブ全盛期1985年頃から言われてきたのが、ひとはまり300万!
もちろん当時からオカニの無かった小生はお店に行くのが精一杯でしたけど・・・
でも中にはやはりそれぐらい使っている人も結構いたようです。
一週間に3~4回通い、開店からラストまでいる人や毎晩通う猛者まで
使うお金が半端なかったのではないでしょうかねぇ・・・・

当時も今もシステムはあまり変わらないと思いますが、だいたい50分から
1時間でワンセット!これで料金が¥3000~¥5000ですから。

タレントの彼女たちは6ヶ月契約で日本に滞在し、一度帰国して再審査後
再入国の繰り返しなので、来たい子は何度でも来ることが出来ました・・・昔は・・・

それで帰るときにはお土産と称して、福沢諭吉センセイを何枚か渡したり
離れたくないと、自分も後を追いかけフィリピンにまで行っちゃったりと
いろいろな人がいました。

今もいるかあ?いやいや、もういないでしょう・・・・・

そんな中でも秀逸な話がいくつかありますので、次回お楽しみに!

今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。
最新コメント
プロフィール

pope

若い時からあっちへフラフラこっちへゆらゆら、の人生を送ってまいりました。
安住の地を求めてフィリピンを選んだ
駄目親父です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日のレート
PVランキング
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索