ゆらゆらと千鳥足人生

腰痛持ちの親父が、日々思う事や趣味、フィリピン人奥さんとその家族との交流などを綴ります。

病院話

フィリピン人妻の旦那流 久しぶりのリハビリ5

フィリピン人妻にイジメられて、涙目になってるpopeです。

今日は久しぶりにリハビリに行きました。

今頃なんで?
いやいや夏の間は暑いのと、汗だくな状態で施術を受けたくなかったのですよ。
それに、暑い時はさほど痛みを感じなかったというのもありましてね・・・

で、いつものように開店前もとい開院前に到着し玄関前へ。
すると常連さんたちが笑顔でお出迎え

皆さん、後期高齢者の方ばっかりwww
「お、久しぶりやね。生きとったか?」と優しいお言葉・・・・・・
「あ、おはようございます。え、おかげさまで」
他の方達も「良かった、良かった」と笑顔・・・・・

      安否確認か~い!


いやいや冗談抜きで、病院ではどこでも普通に見られる光景ですよ!

ご高齢の方達にしてみれば、ある種の社交場ですからねぇ。
姿を2~3日見せなければ、どうしたかねぇ、と言われ
1週間も経てば、あ~入院でもしたか?と・・・
さらに1ヶ月以上となれば・・・全員の頭の中にはお葬式の景色が見えている、え?


勝手に殺すなや!
いつの間にか死んだことになってますから、恐ろしい・・・・
そう言いつつ、次は自分の番だとはこれっぽっちも思ってないのが
凄いところです!


さて、受付を済まして待合室へ。と、ここでも見知らぬ人から「久しぶりだねぇ」
と声をかけられ・・・・誰?・・・・

これでは否が応でも毎週通わねばならぬではないか?と思ってしまいましたわ。

しばらくすると、自分の番が来て名前が呼ばれ変なプレッシャーを受けつつ
施術室へ通されて始まると、担当の先生からも
「しばらく顔を見なかったので、どうしゃちゃったかな?と思ってましたよ」
とトドメを刺されてしまいwww

いつもなら施術中に人間観察を楽しむのですが、そんな余裕もなく・・・・

心ここにあらず、で施術を受け支払いをそそくさと済ませて帰途に着きました。
これから寒くなる季節に向かい、腰も状態が悪化することを考えると
気が重くなりますわ・・・


今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

リハビリ効果で腰の痛みが和らいだことに感謝しつつ  合掌!

フィリピン人妻の旦那流 ♪高血圧夫婦♪の通院4

月に代わってお仕置きするのもされるのも大好きなpopeどすえ!

今日は月にお仕置きではなく月に一度の通院日!

で、マジメな話を記事にするとPVが下がる!ってどゆうことぉ?・・・・

と、それはさておき全国1200万のアンポンタンファンの皆様お待たせいたしました!


本日は高血圧夫婦の通院日です!またまたお爺ちゃん先生に
診てもらう日、そしてお薬をもらう日でもあります。

前回、嫁は貧血症と診断され造血剤を処方されたのですが・・・・・

この薬、胃にかなりの負担をかけるようで、食後すぐか食時中に
飲むよう指示されてましたが・・・

その通りに服用してたはずが、毎回服用後1時間ぐらいで吐き気やむかむか感
が表われました。そこでバカ嫁、自分の勝手な判断で服用を止めてしまいました!

オイ!そんな勝手なこと
       したら アカン!
そこでお爺ちゃん先生に、斯く斯く然々と話したところ・・・

「あー、薬があわなかっただけね」とだけ!え?先生?

まあ、もともとこのお爺ちゃん先生はオン年82歳の御高齢で
しかも滑舌が悪く、何を言ってるのか2度3度聞き返さないとわからない始末で
さらに、最近耳も遠くなったというポンコツもとい名医で・・・

でも経験だけはバリバリなので小生信頼してます!(ほんまかいな?)

今回は、二人で血圧を測ってもらい嫁には
勝手なことをしていけない、野菜をもっと食べなさい!薬は弱いのに代えてあげます」
とのありがたいお経もとい説教を頂きましたあ。

しかぁ~し!嫁の背中には・・・・・・・・・

    御意見無用!!

と、書かれているのを見逃さなかったpopeでしたあ。


待合室で二人で待っていると、次の来診者の方が診察室へ。すると・・・・・・・

中から聞こえてきたのは、かみ合わない会話と怒ったような先生の声。
滑舌と耳の聞こえが悪いお爺ちゃん先生と、診察室へ消えたこちらも
かなりの高齢者の方との会話がハチャメチャで・・・

高血圧夫婦二人、笑いをこらえるのに必死でしたわ。


今日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

ご高齢のお爺ちゃん先生が亡くなったらどうしよう?と真剣に悩む
アンポンタンですう。
                合掌!!

フィリピン人妻の旦那流 通院3

ダーク・キングダムからブラック・ムーンに移籍しようとしている
フィリピン人妻を持つpopeどすえ!

今日は、先月お爺ちゃん先生のところで採血したので、その結果を確認するのと
血圧の薬を頂きに行きました。

会社の健康診断で、貧血と指摘を受け病院へ行け!と言われた嫁は
さすがにヘコミ、おとなしく言うことを聞くかと思えばさにあらず。
「野菜を食べなさい、ほうれん草とか」と言われてもこの一ヶ月でわずか2回のみ!
                 (先月は全国的に野菜が高値ということもあり)

全くここまで野菜嫌いだとあきれて何も言えませんねぇ・・・

で、お爺ちゃん先生に血液検査の結果を聞けば・・・やはり・・・
貧血決定!ざまあ!ちゃんと言うことを聞いて食べていれば
問題なかったのに自業自得です。

そこでお爺ちゃん先生さらに脅し文句を嫁にプレゼント!
「あのねあなたの赤血球が少ないのね。そうすると心臓に負担がかかるので
ちょっと動いただけでドキドキするようになっちゃうよ。ヘタすると心筋梗塞にも
なったりするからね。お薬を出しますね」

更に一言

「それともっと野菜を食べなさい!」
すると人のせいにスルのが得意なフィリピン人、小生に向かって
「ハニー モット ヤサイ ダッテ!イカウ ツクリナサイ」

え?何でワシに・・・

健康管理は自己管理じゃ!
人のせいにすんな!!
と言えれば良いな・・・そう思いつつ、ん?待てよ・・・

そういえば先月、晴れて夫婦揃って高血圧!!

高血圧夫婦高血圧夫婦って山下達郎かいな そうかいな

アホかいな?あれ?
高気圧ガールか?あれは・・・

お互いに高血圧では自己管理とは言えない事に気が付いたアンポンタンでしたあ・・・

まさに                  ブーメラン!
お勤めをして小便して寝ます。どうか嫁が夢に出ませんように・・・


今日も、最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。合掌!!

夫婦で高血圧!2

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちのpopeです。

先だっての健康診断結果を受けて、毎朝血圧を測らせていたのですがやはり高い!嫁の血圧。
ケツ圧ではありません!血圧ですから!
そこで我お爺ちゃん大先生のところへ連行し、しっかりとヒュウマノイド型宇宙人か?それとも
れっきとした人間なのか?を見極めるべく、血液を抜いてもらい検査へ。

また貧血を指摘されたこともあり、この際アタマ以外の悪いところを全部診てもらおうと・・・

いつもなら小生一人で開店もとい開院時間に行くのですが、今回は時間にルーズな人が
一人ついていきますので10時過ぎに到着。病院のスタッフさんにツレがいるものですから
変な顔をされ、今日はどうされましたか?と・・・

健康診断結果表を渡しかくかくしかじか、問診票に書き込んでお待ち下さいとのことで
当然問診票に書くのは小生!メンドウなので適当に書いて提出して待つことしばし。
名前を呼ばれてじゃじゃじゃあーん!ってあんたはハクション大魔王か?

閑話休題!
お爺ちゃん先生早速嫁の血圧を測り「お、高いね」そしてカルテに健康診断結果表の内容を
カキコし嫁の顔をマジマジと見た後一言

「野菜を食べなさい!ほうれん草とかとにかく菜っ葉類を食べなさい!」と。
あっれー?それっていつも小生に言ってるのと一緒じゃん?
まあいいわ。
でも普段小生や、他のフィリピン人からも野菜を食えと言われても動じなかった嫁が
少しこたえたようで、見ているこっちも(効いてる効いてる)と思いましたからね。

良い刺激にはなったでしょう。
最後にしっかりと血を抜かれ一か月分の高血圧の薬を貰って帰途につきました。
血液検査の結果は次回薬が切れて来院したときに発表されるそうです!は、発表って・・・

これで晴れて夫婦揃って高血圧症、さらにBMI値でメタボ確定となったのでした。

決して喜ばしいことではないのですが・・・・御仏にすがるしか・・・あ、あいつキリシタンやった!

      合掌!! ちーーーン!

ある老夫婦3

フィリピン人妻にイジメられて、涙目になってるpopeです。
今日はお爺ちゃん先生のところへ薬をもらいに行ったのですが・・・
そこでちょっと考えさせられる状況を見てしまいました。

診察が終わり、待合室で呼ばれるのを待ってますと・・・

一組の高齢のご夫婦が来院し、なにげな~く様子を伺っていると奥様がどこかしら悪く
旦那様が付き添いで一緒に来られたようで。

奥様は足が悪く杖をついており、靴を脱ぐ時も靴箱の横にある一人用ソファに、よっこらしょと腰を落とされて
旦那様に靴からスリッパに履き替えさせてもらってました。
奥様は疲れたのか?具合が悪いのか?ぐったりとされており、思い出したように足をさすっておられました。
旦那様が診察券をバッグから取り出してる最中も、奥様は目をつぶり辛そうにしてました。

旦那様が待合室側のソファに移るよう促しましたが、奥様はいやいやをするだけ。話しかけているのを
見るとどうやら耳もご不自由のようで、旦那様が耳元で話されてようやくわかったようですが・・・
どうも奥さま、少し認知症気味で何度も診察券のことを話されておりました。
旦那様がもう出したと言っても聞かず、何度も何度も・・・

旦那様も奥様をしっかりサポートされていたようですが
どことなく疲れが滲み出てる様な気もしました。

名前を呼ばれお二方が診察室に入って行った頃、自分の名前が呼ばれて薬を受け取り
病院を後にしましたが、なぜか車に乗ってシートベルトをした時に涙が出そうになりました。
なぜか?はわかりません。

将来、我等夫婦もどのような生活をしているか?今は考えも及びませんが
どちらかが寝込んでしまったり、認知症になったりした時ちゃんとやっていけるだろうか?

とても不安になりました。


なんかいろいろ考えてたら、アタマがオーバーヒートしてしまいとても疲れたので
いつもの調子が出ません。酒ばっかり飲んでいては、ヤッパリダメだなあと思った
一日でした・・・
最新コメント
プロフィール

pope

若い時からあっちへフラフラこっちへゆらゆら、の人生を送ってまいりました。
安住の地を求めてフィリピンを選んだ
駄目親父です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日のレート
PVランキング
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索