ゆらゆらと千鳥足人生

腰痛持ちの親父が、日々思う事や趣味、フィリピン人奥さんとその家族との交流などを綴ります。

趣味

読書

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

さて、今日は休みでもあるし久々に本でも読むか、という気になりまして
本棚をごそごそしていたら以前よく読んでいた、浜なつこ氏の著作本が
出て参りました。知る人ぞ知るフィリピーナと日本人(オトコ)の関係を
いろんなケースで紹介分析するノンフィクションライターです。
最近では、旭山動物園12の物語を出版されてるようでkindle版でも
出てますね。

フィリピン好き又はフィリピンに興味がある方や、フィリピンパブにハマッタ人には
ぜひ読んで貰いたい本がいろいろあります。

「死んでもいい」
これはフィリピンとフィリピン人にハマッて日本に帰れなくなった人のお話。
「マニラ行き」
フィリピーナを追いかけてフィリピンに行っちゃう人の話。じゃぱゆきさんをモジッてます。

などなど、知ってる方もいらっしゃるでしょうねぇ。実際フィリピン人と結婚して
何年もしてからまた読み直すと、また違った感覚で楽しめますよ。

趣味

ようこそいらっしゃいました。腰痛とフィリピン人妻もちの
popeです。

さてさてpopeの趣味ですが、いろいろありましてそのおかげで年がら年中お金がありません。
あ、決してフィリピン妻にやられてる訳ではないです、念のため・・・

若い頃(このフレーズ使いたくないのよねぇ)はオートバイでツーリングに行くのが大好きで
特に500km以上の長距離を走るのが好きでしたねぇ。若いっていいですねぇ、ホント!
ソロでよく走ってました。その頃は、北海道一周が目標でしたが、計画を立てると必ず
事故ってまして、たぶん「おい、オマエは来てはいけないぞよ」って誰か高いところにいる方に
仕向けられてたのかも・・・・

アウトドアはそれぐらいでして、後はインドア派でしたねぇ。

読書:本はとにかくたくさん読みました。ただ、地元で建設会社に勤めてた時にちょうどオーム真理教
    事件があって、周りから本を読みすぎて頭がイカレタ連中が起こした事件だから、お前もそうならな
    いよう気を付けろみたいなことを言われました。たぶん、生涯忘れることはないでしょう・・・
    ちなみに、好きなジャンルはSF,時代物、ノンフィクション、ドキュメンタリーレポート
    冒険探検物などです。
音楽:音楽は聴くのも楽器を弄くるのもすきですねぇ。父親がどういう訳かチェロを持っていたので、壊さない
    程度に遊ばせてもらったり、トランペットを買ってこたつに頭から突っ込んでミュート代わりにして吹いたり
    その他触れる楽器はいろいろやりましたね。でも、どれひとつまともに演奏できることはなかったです。
    音はとりあえず出したかな、って程度です。お粗末で・・・
    聴くほうも何でも聞きますよ!クラシックからJAZZ、演歌はもちろん津軽三味線、ポップス
    やっぱり好きなアーティストのアルバムはどうしても欲しくなって、お金がもっとあれば
    いいのにって思う事も、しばしば。 続きを読む

趣味そのニ

先日の趣味に書ききれなかったので、追加します。

まだまだあるんです。


釣り:これはもう小さいときに父親に連れて行ってもらってから、はまりにはまってる趣味ですね。
   海、川、沼魚がいそうであれば、とりあえず竿を出すってな具合で、もうホントに釣りバカ。
   ある人が言ってました、釣りとはえさと釣り針があってその先に糸がついていて、竿の元に
   バカがいる状態だと・・・
   まさにワタクシのことであります。その昔、関東に住んでいた頃は東京湾、相模湾、駿河湾
   と足しげく通いましたよ。皆さんは、東京湾というと汚いイメージがあるでしょ?
   実は東京湾の海水は、約一ヶ月かけて入れ替わるんだそうです。
   それと魚種、これがまた知らない人が聞いたらビックリするくらい豊富なんです。
   一番多いのは相模湾といわれてますが、東京湾も負けていません。
   旬の魚を求めて、春はメバルから始まり、ゴールデンウイーク前後に乗っ込みマダイ
   間に近場のアジをねらって(本格的なシーズンは夏です)梅雨に入ったらイサキ
   夏はアジはもちろんマゴチに涼をもとめて夜釣りでアナゴ、秋に向けては・・・
   もういいでしょう、きりがありません。

   もしかすると私の中で一番の趣味かも。いや、きっとそうでしょ。 

フィリピン人妻の旦那流 我が青春の軌跡 若い頃からゆらゆらふらふら日本全国ツーリング!バイク小僧編5

毎日、酒とたばこと嫁で寿命を縮めているpopeどすえ!

いちま~い にま~い さんま~い・・・よんま~い ごま~い・・・
あ、諭吉先生どちらまで?

ちょっと嫁が外食を希望しておるようなので、わしも付いて行こうか?と・・・

あかん!あかん!付いて行ったらあかんよ~


すでに

ポッケないない!
になってしまい、給料日までどうしようという状態で・・・・・・・・

閑話休題!

さて今回は、小生は若かりし時バイクが好きでとにかく寝ても覚めてもバイクが頭から
離れないくらいの、バイク野郎だったというお話です。

たまたま車で移動中に、懐かしいオートバイを見てしまい記憶の線が繋がりまして
あーそういえばと、酒を飲みながらオートバイ遍歴を思い出して見ました。



最初に乗ったのが、ホンダCB50!
高校1年の時、バイトをして貯めたお金で買いました。が、わずか3ヶ月で
事故りまして・・・・

雨の日の朝、バイトへ向かう途中バス停の先に停車していたタクシーを追い抜こうと
したところタクシー急発進!
避けきれずボンネットを一っ飛び!

手首から着地で、失格もとい骨折!愛車CBはフレームがぐにゃりと曲がり

    廃車 決定!
その同型車がこちら、カラーも同じです。

          bike5

ボケておりますが、気にしない 気にしない。

で、その頃より短絡的発想と何事も深く考えずに決め付ける癖のあった小生は
原付は危ないという妄想観念に囚われ、ギプスがとれたばかりのリハビリ中に自動車教習所
へ飛び込んで中型自動二輪を申し込んだのでした。(全然関係ないと思うが・・・)

その時は、見舞金やらなにやらで保険金成金と化していた為、免許を取る前に次は何に
乗ろうか?などとおバカ化した脳の暴走は止まりません!

リハビリをしながら親父のスッパカブを足にして、教習所へせっせと通い1ヶ月半後には
自動二輪中型免許を取得していたのでした。

そして事故から2ヵ月後ゴールデンウィークに念願の新車購入!
しかしここで問題が・・・・・
せっかく中型免許を取ったのだから、250ccか400ccにすればいいものを
なぜか購入したのは125cc!それもオフロード車!

            オフロードバイクに乗る人のイラスト
今となっては、当時の思考回路が如何なものだったか思い出せるはずも無く
どれだけバカだったのか?計り知れません!
タイムマシンがあったら、間違いなく殴りに行くでしょうなあ・・・自分で自分を・・・


その時買ったバイクがこちら

        bike1

ヤマハDT125!
これは楽しいバイクでしたねぇ。林道ツーリングや山や川原で楽しませてもらいましたわ。
林道ツーリングでは、初めて仲間と行く楽しさを教えてもらいましたね。

購入したバイク屋さんで知り合った人達と、話をするのも楽しかったですし世間知らずの
高校生にしたら、初めて知った世界でしたからね。
         バイク屋のイラスト
あと、よう転びましたわ。とにかく擦り傷などの生傷が絶えなかったのを覚えています。      約3年程乗りましたが、ある時おバカ頭のスイッチが入りオンロードタイプのバイクに
目が行きまして・・・
         
            バイク・オートバイのイラスト

おーっと長くなりそうなので、続きはまた次回ということで・・・・

本日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

ささ、お勤めですよ、写経に読経あー忙し 忙し・・・・・・・

       合掌!
ちーーーーーン!

フィリピン人妻の旦那流 我が青春の軌跡 若い頃からゆらゆらふらふら日本全国ツーリング!ツーリング覚醒編5

毎日、酒とたばこと嫁で寿命を縮めているpopeどすえ!

前回、突如オンロードバイクに目を奪われてしまったところまででしたが
その続きでございます。

通っていたバイク屋さんとは違う店の店頭に展示してあったバイクが
俺を呼んでるぜ!と勝手に思い込んで購入したのが
こちらの

       bike3
ホンダCB250RSZです!
オツムのスイッチが、ある日カチッと音がして切り替わりそれまで乗っていた
オフロードバイクを捨ててまで乗って見たいと思ったのでした。

単気筒ですが、車体が軽く取り回しが楽だったので当時数少ない女性ライダー
にも人気がありましたね。
               バイクに乗る女性のイラスト
乗っている時の軽快感は最高でしたよ!
単気筒独特の振動と排気音がとても気に入ってました。

しかし当時は、ただバイクに乗っているという感じで決して上手に乗れていた
わけではありませんでした。

走り屋っぽくなったのは東京に出てからの話です。

このバイクでは、そんなに遠くでは(とはいっても往復400kmぐらい)なく
隣の県や日本海側に出て見ようなどという感じで、チョロチョロ走っていました。

でも、どこへ行っても初めて見る風景や、景色はいつも感動ものでしたね。
今、この風景に溶け込んでいる自分がいる、と思っただけで走って来て良かった!
そして、途中休憩の時に景色を眺めてはいいな、と思ったりしたものでした。

何気ない田舎の山であったり、海辺や漁村であっても一つ一つが感動を
与えてくれたのでした。
              山と川と田んぼのイラスト(背景素材)
もちろん、有名な観光地にも行きましたしその土地ならではの食べ物なども
楽しみましたがね。

そういうことが好きになったので、後々旅が大好きになっていったのだと思います。
このバイクで訪れた県は、青森県を除く東北5県でした。

このバイクも約3年乗りました。思い出がいっぱいあるバイクの一台です。
そして、いよいよこのバイクを手放す時がやってくるのですが・・・・・

ちょうどこの頃、自動車の免許を取りに教習所へも通っていましてね
普通免許を取得してからも、車をすぐ買える訳ではなかったのでしばらく
乗っていたのですよ。

でも周りの友人達は、みな車の話題で持ちきりその輪の中に入っていけなかった
こともあって、悩みましたが結局は手放してしまうことに・・・・・



しかし車を買って乗り出しても、バイクに乗っている時のような感動は
あまりなかったような気が・・・・

続きはまた今度!ということで・・・・・



本日も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

いやあ、あの当時を思い出すといろいろ複雑な気持ちになりますね。

邪念を吹き飛ばすように、お勤めでございます!南~無~・・・・・・・
      
      合掌!!
ちーー!ってオイ!

最新コメント
プロフィール

pope

若い時からあっちへフラフラこっちへゆらゆら、の人生を送ってまいりました。
安住の地を求めてフィリピンを選んだ
駄目親父です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

本日のレート
PVランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード